片付けの際に

引っ越しを行うとき、また身内に不幸があったときの遺品整理のときなど、家の中の整理を行う機会は何度かあることでしょう。普段の大掃除などではなかなか手を入れない倉庫や蔵の中には、非常にたくさんの物が眠っているはずです。

特に、古くから続く家ではかなり年季の入った品物が出てくることもあるでしょう。その品物がときに歴史的価値を持っていたり、著名な作家が作成した作品であったりすることもあるかもしれません。その判断は素人では難しい面があり、本当に価値があるものなのか否かは一見してもわからないものです。

もしそのようなものを発見したときには、業者に買取を依頼してみましょう。

■片付けしているときに出てくるもの
何らかの理由で家の片付けを行うときに思わぬものが出てくることがあります。美術品や書、陶器などのように、古美術品として高い評価を受ける可能性があることは何となく予想がつきますが、一見すると何に使うものなのかわからないようなものも多く出てきます。

例えば茶道具の類に関しては、茶碗や釜のようなものであれば一目でお茶に使うものとわかりそうですが、柄杓や茶筅など付属品に関しては、それ単独で見ると何に使うものなのかがわからないこともあります。それらが出てきたときには、ただのガラクタとして処分してしまいがちです。

そのようなものが出てきたときには、処分を考える前に専門家の鑑定を考慮しましょう。

■骨董品としての価値
必ずしも古いもの全てに価値がつくものとは限りません。歴史的価値を見いだせるものに関してはその限りではありませんが、状態が悪かったりその時代に広く出回っているような希少価値のないようなものであれば、値段がつかないこともあります。

茶道具のように、かなりの高額がついて買取を行ってもらえるものもあれば、やはりそう値段がつかないものもあります。その判別は専門家でなければ行うことができません。茶道具など骨董品については独自の相場が存在しており、買取額に関しても素人では判断ができない基準をもとにして決められているのです。

片付けをしているときにふと出てきたものに価値があるかどうか、たいていの場合は迷うものです。そんなときは、骨董品の価値がわかる専門家に鑑定を依頼してみましょう。その中には思わぬ価値を持ったものが混じっているかもしれません。

オススメリンク

絵画や茶道具など骨董品の買取は鑑定士に見てもらってから売るのが安全。先に専門店の情報を調べてから依頼しましょう。
日本の伝統茶道具の買取なら東京のこちらでみてもらいましょう。思わぬものが高価買取される可能性もありますよ!

骨董品をお得に売るなら査定をしてみよう@骨董品買取査定君

それぞれの店で

骨董品店によって、買取の方法や手順が若干異なる場合があります。いずれも持ち込みによる鑑定はたいてい行われていますが場合によって出張買取を行っていないことや宅配での買取を受け付けていないこともあります。

それぞれの取扱いに関しては、各店舗に問い…Read more

鑑定を依頼

家で見つかった古い品物に関して、鑑定を依頼した後買取してもらうためには、直接専門店に持ち込む方法と、出張買取という方法で訪問してもらう方法、もしくは宅配によって店舗に送付する方法があります。それらの方法の中から都合のよい方法を選ぶことができます。

Read more

状態

中古品には総じて保存状態によって価格が上下するという動きがあります。きれいな状態で保存されているものの方がもちろん価値が高くなりますし、割れていたり汚れていたりするものは現状を維持できていないということで買取を依頼するにしろかなり値段が下がってしまいます…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031